達成感がある

保育士の仕事の魅力の1つとして、達成感がある場面が多いという点があります。たとえば、保育園には毎年年中行事として恒例のものがたくさんあります。それらはすべて保育士が準備を進めることになります。しっかりと準備をしておかないと、子供や保護者ががっかりしてしまうでしょう。そのため、責任も大きいのですが、自分達が準備をした行事が無事終わって、子供達が楽しんでいる様子を見られたり、保護者から感謝の言葉をかけられることがあれば、とても嬉しいものです。ここで大きなやりがいを感じられることが多いでしょう。

また、子供達が発表会をしたり、運動会をすることがあります。これは子供達が主役となり、子供達の成長を見守るための機会となります。そのため、保育士はあくまでもサポートに徹するのですが、自分がこれまでに面倒を見てきた子供達が一生懸命になって取り組んでいる姿というのはとても感動できるものです。子供達が上手く発表できたり、運動会でも素晴らしい姿を見せてくれるならば、そんな子供達を支えてきた保育士の人達も達成感を得られるでしょう。

このようにさまざまな場面で保育士は達成感を得やすいという魅力があるのです。このようなやりがいがあります。